ユーログラス 工芸株式会社

ユーログラス工芸株式会社

 サイト内検索

フロストガラス

フロストガラスとは、すりガラスと同様にフロートガラスの片面をサンドブラストした後、薬品処理で滑らかに仕上げたガラスのことです。
すりガラスより表面が細かく汚れもつきにくいデザインガラスです。

すりガラスとフロストガラスの見た目の違い

厚み

5、6、8、10mmがあります

主な使用用途

一般建築の窓ガラス・パーティション・店舗什器・棚板・壁装・表札・シールドなど幅広く利用されています。

特徴

すりガラスとの見た目の違いはほとんどありませんが、フロストガラスの方が若干透けて見えます。
すりガラスは触ると手垢や汚れがついてしまい、拭いてもなかなか取れませんが、フロストガラスは手垢や手脂などの汚れがつきにくいです。
タペガラス・タペストリーガラスとも呼ばれています。

オリジナル商品ガラスマウスパッドフロストガラス表は、このフロストガラスを使用しています。

様々な形状にカットできます

小口(切り口)の処理・加工方法

上記以外の厚みや、柄・線入りなどのオリジナルのフロストガラスは、ご要望に応じて製作いたします。
先ずは一度お問合せください。

見積り無料

※40.5cmや235mmなど、1mm単位でOK!必要なサイズにカットしてお送りします。※ガラス料金はサイズ・形状・加工により異なります。※送料はサイズ・枚数・地域により異なります。全て含めその都度お見積りいたしますのでお気軽にお問合せください。

電話でのお問い合わせは

受付時間:月曜~土曜(祝日除く) 9:00~17:00

装飾エッチングガラス

オーダーステンドグラス

ガラス工事・フィルム施工

体験教室

Return Top